メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

新型コロナウイルス感染症について議論する厚生労働省の専門家組織の会合の冒頭であいさつする田村憲久・厚労相(右)と座長を務める脇田隆字・国立感染症研究所長(左)=19日、東京・霞が関の厚労省

専門家組織「厳しい状況」 GoTo見直しには言及なし

新型コロナウイルスの国内の感染者は19日午後9時時点で2387人が新たに確認され、2日連続で過去最多を更新した。東京、大阪、北海道、愛知、兵庫、千葉、和歌山、山口の8都道府県で過去最多を更新し、各地で感染者が急増している。 厚生労働省にコロ…

会員記事
これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

富士フイルム富山化学が10月、「アビガン」の新型コロナウイルス治療薬としての製造販売承認を厚生労働省に申請した。当時の安倍晋三首相が「今月中の承認をめざしたい」と発言したのが5月。政治家の発言が先行し、「承認のスケジュールありき」の姿勢に疑…

会員記事

菅義偉首相による日本学術会議会員の任命拒否問題に対し、撤回を求めるネット署名を中心となって呼びかけたのは、日本近現代史を研究する歴史家だった。戦前に学問や表現の自由を弾圧し、戦争に突き進んで破滅した国家の歴史を研究してきた立場から、見えてく…

日本大学教授の古川隆久さん=川崎市麻生区、山本和生撮影
有料会員記事

全国の児童相談所(児相)が2019年度に対応した子どもへの虐待件数が、過去最多の19万3780件にのぼった。前年度より3万3942件多く、増加幅も過去最大だ。 いずれも児相が相談を受けて虐待にあたると判断し、指導や措置を行ったものだ。対応す…

子ども役の職員にけがの有無などを確認する児童相談所や警察の職員たち=秋田市の県警察学校、高橋杏璃撮影

国会の怠慢に助け舟を出すために、およそ理屈にならない理屈を繰り広げ、結果として司法の存在意義を自らおとしめた。そう言うほかない。 一票の格差が最大3・00倍あった19年の参院選について、最高裁はきのう合憲と判断した。1人1票という民主政治の…

2019年参院選における一票の格差訴訟の判決が言い渡された最高裁大法廷=18日午後2時58分、東京都千代田区、代表撮影

劇中劇は、物語に彩りを添える。ケストナーの児童文学『飛ぶ教室』では、ドイツの寄宿舎の少年たちが創作劇の稽古をする。クラス全員が飛行機に乗って世界を回り、現地で授業をするという楽しげな劇である▼あるときはイタリアのヴェスヴィオ火山に飛び、燃え…

有料会員記事

暮らしと話題

紙面がそのまま
スマホで読める
紙面ビューアーアプリが登場
今すぐチェック
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
紙面がそのまま
スマホで読める
紙面ビューアーアプリが登場
今すぐチェック
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら

and 朝日新聞デジタルのウェブマガジン

&w &M &TRAVL &Education